新築戸建 入居前にやること カーテンレールの取り付けは「窓枠よりも15cm高く」がイイ感じ!

新築戸建の購入後、入居前にやらなくてはいけないことの一つがカーテンレールの取り付けです。

通常、引き渡しの際は窓だけがついていて、カーテンレールもカーテンも自分で取り付けないといけません。

私は建売を購入した後、すぐにLDKにプチリフォームを入れたので、そのリフォーム業者さんに全室のカーテンレールの取付けもお願いしてしまいました。

その際、カーテンレール自体にこだわりは無かったので、普通の無難な白いレールであれば何でも良いと伝えつつ、取付けの位置だけは細かく指定させて頂きました。

と言うのも、別記事にも書いたとおりエアコンの設置業者さんよりカーテンの取り付け位置について、いくつか注意点をアドバイス頂いていたため、それを踏まえて取り付けて欲しかったからです。

また、カーテンレールの取付け位置次第で、部屋の印象がちょっと変わるという裏技的なテクニックもあります。

それではこの2点を踏まえて、新居にカーテンレールを取り付ける際のポイントを解説していきます。

目次

カーテンレール位置の決め方:基本

カーテンレールは窓枠に大して、左右の横+5~10cm程度、上も+5~10cm外側に位置取りして設置することが一般的だと思います。

横の余白はカーテンを束ねておく時のスペースとなります。

このスペースが十分に取れないと、カーテンを束ねた時に、窓枠の内側にカーテンがきてしまうため、折角の採光面がその分狭くなってしまいます。

もし窓が壁に接近して設置されている場合、片側だけでも横を長めにカーテンレールを伸ばしておけば、カーテンを片側に束ねることで採光面を損なわずにすみます。

カーテンレール位置の決め方:エアコン室内機の干渉を避ける

新築戸建の場合、エアコンの取り付けは家の引き渡し後に自分で手配してやらないといけません。

エアコン設置は壁に穴をあける大がかりな工事が必要となりますし、エアコンの取り付け位置はその後の新居での暮らしやすさに直結するくらい非常に大事なポイントです。

エアコンの取付け業者さん選びは、料金の高い安いだけでなく、信頼ができて質の高い仕事ができる業者さんかどうかで選ぶことも大切だと思います。

さて、エアコンの取付け位置が決まったら、そこから逆算してカーテンレールの位置を決めます。

なぜかというと、エアコンの室内機にカーテンが干渉しないように配慮しないといけないからです。

我が家のようなコンパクトサイズの小さな戸建(つまるところ狭小住宅、ミニ住宅ですね)の場合、各部屋がこじんまりとしているため、エアコン室内機から窓枠までの間にスペースがそれほどないことも多々あります。

室内機の吹き出し口にカーテンがかからないようにしましょう。

カーテンレール位置の決め方:部屋を広く見せるテクニック

もし可能であれば、窓枠上部に対して思い切って15cmほど高い位置にカーテンレールを取り付けてみましょう

そうすることで、カーテンを閉めたときに、窓が実際よりも大きく感じると思います。

また、カーテンの縦の長さが伸びることで、天井が高く感じ、部屋が広く感じるでしょう。

我が家の取付け例

それでは実際に我が家にカーテンレールを取付けた例をお見せします。

先にお断りしておくと、散々知ったかぶってここまでこの記事を書いていますが、まんまとカーテンの丈を誤りまして、窓枠に対してつんつるてんな状態になっています。笑

大きな窓のカーテン取付け例(リビングルーム)

まずは大きな窓があるリビングルームです。

この部屋の窓枠は250cmあります。

この窓枠に対し、左右+5cm外側にカーテンレールを伸ばすよう業者さんにお願いしました。

本当はもうちょっとカーテンを束ねるスペースが欲しいところですが、エアコン室内機が迫っているため、これ以上のスペース確保は難しかったです。

一方、高さに関しては窓枠から天井まで余裕があるため、窓枠より15cm上に取り付けるよう依頼しました。

引き渡し直後の状態と比べてみると、こんな感じです。

カーテンの丈が短すぎるのは愛嬌として(汗)、窓に大してかなり高さのあるレースカーテンがついているため、天井がより高く感じます。

小さな窓の取付け例(書斎)

こちらは小さな窓の部屋の設置例です。

書斎として使っている6畳弱の部屋で、窓枠160cmの窓がついています。

この窓は上の画像の通り、右側にエアコンの室内機が迫っているため、カーテンは左側の片側に束ねるスタイルにします。

カーテンレールの位置は、左右5cmずつ外側に伸ばし、上は+10cmの位置でお願いしました。

6畳弱の狭い部屋ですが、窓枠に大してかなり丈の長いカーテンを設置し、またカーテンレールの位置も高くすることで、お部屋が広く見えます。

まとめ

カーテンレールの位置決めは下記のポイントをご留意下さい。

  • 窓枠より左右+5~10cm、高さ+10~15cm外側に伸ばすのがお薦め
  • エアコン室内機に干渉しないように位置決めをする

皆様の参考になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

都内在住共働き世帯の父。趣味は家事、筋トレ、海外旅行。マイホーム住み替えの体験談から派生した「おうちごと」ブログやってます。

目次
閉じる