狭小住宅でも搬入可能なベッド選び:折り返し階段の家は要注意です!

目次

3階建て狭小住宅には大型家具が入らない?

1次取得のマンションから2次取得の戸建に引っ越した時の経験談です。

新居はいわゆる都市型狭小住宅。

都心でよく見かける3階建ての縦に細長いえんぴつみたいな家です。

そんな狭小住宅は、細くて折り返しがある階段がついている家が多いと思います。我が家もまさにそれです。

こういう家に引っ越す際に注意しなくてはいけないことは、大型家具の搬入です。

折り畳みや分解ができない大型家具は、たいてい通らないと思っても良いかもしれません。

実際私たちは、ソファーと冷蔵庫を業者さんに2階まで機械で吊り上げてもらいました。

一方、ベッドについてはどうだったでしょうか。

前の家の寝室で使っていたのは、無印良品の脚付きマットレスでした。

便利ですし、新婚の時に買ってからまだ5〜6年しか使っていないものなので本当は新居に持っていきたいところです。

ですが、この商品、折り畳むことも分解することも出来ません

新居の寝室は3階ですので、さすがにクレーンで持ち上げるといっても限界があります。

ということで、残念ながら粗大ゴミとして破棄することにしました。

ベッドの回収破棄は業者さんにお願いしたのですが、ダブルのマットレスベッド回収の料金は15,000円でした!これは痛い出費です。

狭い階段でも通る寝具選び

では新居の寝室用にはどのような寝具を選べば良いでしょうか。

まずはマットレスですが、無印のマットレスは折り畳めないものだったため、旧居のマンションの玄関も通すのが一苦労でした。

ましてや新居はもっと狭い階段を通さなくてはいけません。

ということで、折り畳めるマットレス、という条件が必須でした。

また、無印のマットレスはポケットコイルがつまったタイプだったのですが、数年も使うとややへたってきていて、朝起きると腰が痛くなることがありました。

新しく買うなら、少し硬めのマットレスが欲しいなと思っていました。

そこで妻が見つけたのが、スポーツ選手も使っているらしいこちら。

いわゆる高反発マットレスです。

これなら三つ折りにできるので、狭小住宅の階段も楽々クリアできます。

ちょっとお高いですが、寝心地は最高です。(個人の感想です。笑)

今までへたったマットレスに寝ていたので、初めてスリープマジックで寝た時は背中が少し痛かったくらい硬いです。

硬さにはすぐに慣れるので、腰痛になる心配もありません。

高反発マットレスは人気ジャンルなので、色んなメーカーから商品が出ています。

ANAのビジネスクラスで使われていて、またテレビCMでお馴染みのエアウィーヴが有名ですね。

その中で、RISEのスリープマジックはマットレスの厚みがあり、それでいてお値段はエアウィーヴに比べるとかなり安いです。

上の画像が2019年に購入した厚さ12cmの商品です。

2021年2月時点の最新商品は14cmの厚さにバージョンアップされています。

また三つ折りの折り目がついているので、下の画像のようにしてマットを乾燥させることも可能です。

唯一の懸念としては、ウレタンの耐久性です。

ネットで調べると、一般的にウレタンタイプのマットレスはコイルのマットレスに比べて耐久年数が少ないようです。

RISEのホームページによれば、8万回(!)の圧縮ひずみ試験にも耐えた、と謳っていますので、何年も長持ちしてくれることを祈ります。

現在、使用して18ヶ月が経過していますが、全く使用感は変わりません。

なお、参考までに、我が家ではスリープマジックのマットレスに無印良品のボックスシーツ(ガーゼタイプ)をつけて寝ていますよ。

狭小住宅のベッド選び

続いてマットレスを置くベッドを選びます。

スリープマジックは厚さが12cm(最新モデルは14cm)もあるので、そのまま床に直置きでも全く問題ないのですが、私は床のホコリが気になるのでベッドは必須です。

狭小住宅の階段を登って搬入するので、組み立て式の商品である必要があります。

色々と探した結果、ベッドについてはベルメゾンのこの商品がいいな、ということになりました。

まず見た目が落ち着いた木目で気に入りました。

続いて、すのこのベッドですので、通気性が高く、マットレスが蒸れにくいと思います。

また、ヘッド部分に小物が置けるスペースがあり、また電源もついていますので、携帯電話を充電しながら寝れます。

最後に、最大の利点といえば、このすのこ部分が分割されてコンパクトに梱包されているので、我が家の狭い玄関、階段も無理なく通るだろう、という点でした。

ベルメゾンの商品説明に梱包サイズ(荷姿サイズ)が書いてありますので、必ず確認して階段を通るかどうか確認しましょう!

今回、マットレスもベッドもダブルを1つ、シングルを1つ購入して並べることにしました。

上の画像の通り、このすのこベッドの高さは無印良品の引出しとピッタリ

ベッドの下を収納スペースとして有効活用できます。

まとめ

ということで、都市型狭小住宅の寝具選びは、下記を注意して選ぶのが良いと思います。

  • ベッドは組み立て式でコンパクトに梱包されて納品されるものを選ぶ(梱包サイズは要チェック)
  • マットレスは折り畳みができるものを選ぶ
  • 折り返しのある階段は、階段の幅、高さ、折り返し段の幅を測っておく

以上、皆さんの参考になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

都内在住共働き世帯の父。趣味は家事、筋トレ、海外旅行。マイホーム住み替えの体験談から派生した「おうちごと」ブログやってます。

目次
閉じる