新築建売住宅に住んで2年 点検でどんな不具合が見つかった?

マンションを売り払い、建売狭小の戸建新居に引っ越して、あっという間に2年が経ちました。

正直聞いたことの無いハウスメーカーによる物件でしたし、しかも売り主はメーカーとは別の不動産会社(これまた聞いたことの無い会社)という面倒な座組みの物件だったので、果たして稚拙な施工をしていないかどうかとても不安でした。

幸いなことに、引っ越してから2年間で家に大きな支障は無く、住めば住むほど住み心地は良くなってきています!

そんな中、我が家の唯一のアフターケアサービスである2年点検の日がやってきました。

果たしてどんな不具合が見つかったのか、そしてどこまで無料で補修して貰えたのか、我が家のケースをご紹介します。

目次

建売新居 購入から2年経過の不具合諸々

2年点検で最も重要な点検項目は、家の基礎や構造に関する不具合がないかどうかですが、幸いなことに我が家はそういった大きな不具合は皆無でした

一方で、日々の生活の中で気がつくくらいの軽微な不具合は色々と出てきました。

壁クロスのひび割れや凸凹

まずはほぼ全部の部屋で見つかった壁クロスのひび割れや凸凹です。

これは新居購入時にもかなりの箇所で見つかり、引き渡し前に直して貰ったのですが、丸2年も経過するとまたあちこちで見つかりました。

木造住宅ですので、こればっかりは致し方なく、ひび割れが発生したら都度直すしかなさそうです。

給気口の化粧カバーの設置ミス

続いて見つけたのは、各部屋に設置されている給気口のカバーのうち、2箇所の向きが間違って固定されていることがわかりました

給気口フィルターを交換する際に、確かにこの2カ所だけカバーがはめづらいなと思っていたのですが、まさかプロがそんな凡ミスをするとは…。

カバーにはご丁寧に「上↑」と設置の向きが書いてあるのですが、なぜか横向きに固定されていました。

特に給気口の機能そのものに何の問題もないのですが、部屋によって給気口カバーの向きが違うのはモヤモヤします。

ドアの戸当たりが外れる

続いて見つけたのは、3階の2部屋のドアの戸当たりの不具合です。

これまで気づきませんでしたが、よく見ると戸当たりがドア枠から少し外れて出てきてしまっています

3階だけに見られた不具合ということを考えると、恐らく夏の猛暑の熱でゆがんできてしまったのでは、と推測します。

巾木を破損

最後に、これは家の不具合というよりは自分の不注意でやらかした箇所なのですが、リビングスペースの床の巾木を一カ所破損してしまいました

ホームシアターシステムのスピーカーを落としてしまった際に破損してしまったものです。

普段はソファの裏側になるため気にならないのですが、ひょっとしたら他の箇所と一緒に直して貰えるかも、と思いダメ元で修理業者さんにお願いしてみました。

2年点検で無料補修して貰えたところは?

ということで、2年点検で見つかった不具合はこれらの細かいもののみでした。

点検の際に全部直してくれるのかなと思ったのですが、さすがに該当箇所の数が多かったからか、別日に仕切り直しての補修となりました。

そして結論から言うと、自責破損の巾木を含めた全ての不具合を無料補修して頂けました!

まずはその巾木の補修から。

修理業者さんが破損箇所の巾木の破片を丁寧に接着し直し、遠目には目立たない程度に直してくれました!

続いて家中の壁クロスのひび割れや凸凹の補修です。

対象箇所が多かったため、実に2時間以上費やして丁寧に直して頂きました。

お陰でこちらもすっかり綺麗になりました。

なお、今後もひび割れはちょくちょく発生すると思いますが、これからは自分で直そうと思います。

最後に、給気口の化粧カバーの設置し直しです。

業者さんも苦笑する初歩的なミスですが、こちらはあっという間に直して頂けました。

あれ?ドアの戸当たりは?

実はドアの戸辺りは木枠の溝にただはめてあるだけだそうで、手でゴンゴン叩いて中に押し込むと直りました。(笑)

昔は接着剤で戸当たりを固定していたのですが、最近はただはめるだけのやり方が主流なのだそうです。

おまけ 我が家のハウスメーカーに対する不満

というわけで、2年が経過しても家の大きな不具合はなく、家そのものにはとっても満足しています。

一方で、我が家のハウスメーカーに対しては不満があります。

これは購入当時からですが、我が家の担当営業マンの態度がとにかく悪いことです。

売り主や仲介不動産会社さんがいる前では良い態度なのですが、直接担当者さんに電話したりすると、あからさまにぶっきらぼうな口調になります。

今回も引き渡しから2年の日が近づいているのに何の連絡がないので、2年点検の葉書が来ませんよとメールをしたところ、「担当部署に確認してお返事します」という返事がくるのに1週間がかかり、さらにその後2週間放置されて、突然担当部署から案内の葉書が届きました。

なんでしょう…。私、取引先やお客さんのメールを1週間も寝かすことなどあり得ないので、ちょっと…。

確認に時間がかかるのは構わないのですが、「連絡ありがとうございます。確認いたします。」くらい即日で返信すべきでは。

私が若造ならひるむところですが、結構なベテラン社会人ですのでそんなことでは負けませんが。

ということで、信頼のおける大手メーカーの建売ではない物件を購入の際は、多少の不愉快なやりとりを覚悟することも大事かも知れません。

最後は愚痴になりまりましたが、皆様の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

都内在住共働き世帯の父。趣味は家事、筋トレ、海外旅行。マイホーム住み替えの体験談から派生した「おうちごと」ブログやってます。

目次
閉じる