ANA VISA プラチナ スーパーフライヤーズカードを使い倒す! 1月の獲得ベネフィットは? ネットショッピングで大量ボーナスポイント獲得!

  • URLをコピーしました!

2021年はラグジュアリーダイニングのグルメクーポンのお陰で、高いANA VISAプラチナカードの年会費を上回るベネフィットを獲得出来ました。

2022年も頑張ろうと思った矢先ですが、1月1日の0時にグルメクーポンをゲットするのを失念してしまい、いきなりスタートから躓いてしまいました!

大晦日の晩は年越しそばを食べたらお腹がいっぱいすぎて、子供と一緒に10時に寝てしまいましたから…。

ということで、2022年1月はグルメクーポン無しで、VISAのVポイントのみのベネフィットで勝負です!

目次

1月の獲得Vポイントは?

1月のカード引落し額は348,537円でしたが、

獲得できたVポイントは1,493ポイントでした!

去年の月平均決済額が384,445円でしたので、先月の利用額は年末にしてはやや控えめでした。

獲得したVポイントはANAのマイル換算すると、

プラチナカードは1ポイント=3マイルなので

4,479マイル獲得できる計算です!

さらにマイルをANAのSKYコインに換算すると*仮に最高レートである1マイル=1.7コインで試算します)

7,614コイン獲得できる計算になります。

今月はこのVポイントに加えて、ボーナスポイントが2,348ポイントもついていたので、これを合わせた合計ベネフィット

マイル換算で6,827円SKYコイン換算で9,962円

となりました。

我が家はANA VISA プラチナSFCを2枚(本会員カード+家族カード1)持っていますので、年会費は92,400円(本会員88,000円+家族カード4,400円)です。

月あたり平均の会費は7,700円(92,400円÷12)ですので、マイル換算では会費割れとなってしまいました

大量のボーナスポイントに救われているとはいえ、グルメクーポンを取れなかった代償は大きいです。

ネットショッピングと投資信託で大量ボーナスポイント獲得!

ボーナスポイントが一度に2,348ポイントも付与されるなんて、なかなかないことなので、三井住友VISAカードのウェブサイトでポイントの内訳を確認してみました。

すると、いつものカード決済積立て投資信託で749ポイント、そしてポイントUPモールの上乗せポイントとして1,599ポイントも付与されていました!

はて、そんなに大量ポイントを貰えるほど高額の買い物をしたっけ?と疑問に思い、VISAカードのサイトからポイントUPモールのサイトへと飛んでみました。

ポイントUPモールのサイトに飛んだら、「ポイント獲得明細」をクリックします。

すると、YAHOO!ショッピングにて30万円以上のビッグなお買い物をした際に、律儀にポイントUPモールを経由して購入したようで、1,599ポイントが上乗せボーナスポイントとして付与されたことがわかりました。

金額から、これは去年夏に購入した電子ピアノですね!

このような高額のお買い物をする際は、三井住友VISAカードのサイトからポイントUPモールのサイトへと移動し、さらにそこからYAHOO!ショッピングに移動してお買い物をするだけで、通常のVポイントに上乗せでボーナスポイントが稼げます!

VISAカードの通常Vポイント付与率は200円=1ポイントですので、0.5%の加算率です。

ポイントUPモールを経由してYAHOO!ショッピングで買物をすれば、さらにボーナスポイントが0.5%付与されますので、実質合計1%の好レートでポイントが獲得出来ます。

残念ながらボーナスポイントはマイルに換算することが出来ませんが、1ポイント=1円相当としてクレジットカード請求額のキャッシュバック等に使えますので、面倒でもこの一手間は必須です。

ということで、1月はグルメクーポンこそ取れませんでしたが、ボーナスポイントで大幅な会費割れは避けることが出来ました。

2月1日は必ずクーポン獲得するぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内在住共働き世帯の父。趣味は家事、筋トレ、海外旅行。マイホーム住み替えの体験談から派生した「おうちごと」ブログやってます。

目次
閉じる