都心から電車で1時間!稲毛のグランピング施設 Small Planetに行ってきました!

  • URLをコピーしました!

子供の夏の思い出作りにどこか近場で良いところはないものか、と悩んでいたところ見つけたのが、千葉県稲毛市にあるグランピング施設、Small Planet Camp & Grillです。

我が家は電車移動が基本ですので、アクセスの良さが必須条件なのですが、Small Planetはそこもクリア!

東京駅からは約60分で行けてしまうアクセスの良さです。

アウトドア初心者の我が家にもってこいの夏の小さな冒険。

期待に胸を膨らませ、いざ出発です!

目次

東京駅から60分の好アクセス

先述の通り、

Small Planetの強みはそのアクセスの良さ!

車がなくても電車とバスで簡単に行けます

またキャンプとはいえ必要なものは全て揃っていますので、

手ぶらで行けるところも子連れファミリーにはとっても助かります。

我が家はJR総務線稲毛駅からバスで向かうルートをチョイス。

稲毛駅からほぼ10分毎に運行している千葉海浜交通のバスに乗ります

Small Planetがある稲毛海浜公園近くには、「花の美術館」「海浜公園入り口」「高浜南団地」「高浜車庫」などのバス停が全て徒歩数分の距離にあり、乗るバスのルートによって降りるバス停が変わります。

Google Map等で一番早く着くルートを検索し、そのバスに乗るようにして下さい。

我が家は夏季限定運行らしき稲毛海浜公園プール行きのバスに乗り、「花の美術館」で下車しました。

駐車場側の施設入り口

バス停から歩くこと2分ですぐにSmall Planetの看板を見つけました。

うっそうとした木々の向こうになんだか楽しげなバーベキュー会場が見えています。

この時点で子供の興奮はMAX!

早速、敷地内へと入っていきます。

快適なキャンプ会場

入り口の森を抜けると、目の前に気持ちの良い芝生ゾーンが広がります。

そこにタープがたくさん設置されており、若者たちがバーベキューを楽しんでいました。

ここは日帰りのお客さん専用のようです。

キャンプ宿泊するお客さんは、敷地内の更に奥へと進んでいきます。

すると現れたのが、グランピングエリアです。

グランピングエリア

上の画像の芝生エリアにはグランピング用テントが全部で7つ設置されています。

さらに奥の森の中にもペット同伴可のテントが1つありました。

テントの大きさはどれもぱっと見は同じくらいですが、実際には12.6㎡のミディアムテントと、19.6㎡のラージテントの2種類があるようです。

我が家はウッドデッキがついたラージテントを予約しました。

ラージテント

広々ウッドデッキにはリクライニングチェアが2脚おいてあり、「朝、ここで淹れたてのコーヒーなんぞ飲んだ日にはさぞ美味しいだろうなぁ」(遠い目)などと思いました。

テントの中はSNSで良くお見かけするとおり、まるでホテル!の充実ぶりです。

テントのジッパーを開けると(アウトドア初心者なのでちょっと手間取りました)、中はご覧の通り!

ラージテント室内の様子

テントと言えば寝袋ですが、ここはグランピングですのでちゃんとベッドです!

ベッドの硬さも程よい堅さ(柔らかいのが苦手です)で快適でした。

そしてAnker製のBlutoothスピーカーや携帯のワイヤレス充電など、AV機器も充実しています。

またスタッフさんに頼めばBlutoothプロジェクターも貸してくれますよ。

但し、施設内はWi-Fiが無いに等しいため使えませんでした…。

またオフィシャルサイトには冷蔵庫は無いと書いてあったのですが、室内にミニ冷蔵庫が置いてありました!

勿論、空調も完備です。

しっかり冷房が効いていました!

また気になる虫関連ですが、小さなクモさんが一匹だけテント内に紛れ込んでいましたが、それ以外は滞在中一度も見ませんでした

テントの入り口はしっかりチャックで閉められるので、例えば夜寝ている間に虫が入ってくるなどという心配はありません。

なお、カギでロックも出来るので、誰かが外から入ってくる、という心配もありませんよ。

施設周辺の環境

さて室内のチェックが終わったので、今度は施設周辺を探検しましょう!

Small Planet Camp & Grillは、稲毛海浜公園の敷地内にあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内在住共働き世帯の父。趣味は家事、筋トレ、海外旅行。マイホーム住み替えの体験談から派生した「おうちごと」ブログやってます。

目次
閉じる