入居前にやるべきこと:実践して1年経ったけど…

こんにちは。tateuri daisukeです。

新築の家を手に入れると、長く綺麗な状態をキープしたいと強く思いますよね。ましてや巨額の借金を背負って買った家です。賃貸に住んでいた頃とは綺麗に保とうというモチベーションの強さが違います。

我が家もご多分に漏れず、ずっと綺麗で快適な家にしたいと心に誓いました。

そこで、SNSで「入居前にやること」と検索すると、ざっくざく情報が出てきます。その中から我が家では以下のことを実践しました。

目次

入居前にやったこと

  • 害虫対策
    • バルサンを炊く
    • 水回りの隙間/穴を塞ぐ
  • 防カビ対策
    • お風呂場に防カビ燻煙材を炊く
    • 水回りのコーキングにマスキングテープを貼る

害虫対策

入居前にバルサンを炊くのは新築じゃなくても当たり前のようにやりますが、水回りの隙間を塞ぐというのは実は今までやっていませんでした。

そこで、

キッチンシンク下

こんな感じで、キッチン、洗面室、トイレの配管の隙間を全てパテで塞ぎました。

ちなみに、入居前にやること、という話からは逸れますが、害虫対策としては、我が家は常に以下のことを気をつけています。

  • ゴミは毎日家の外のゴミ置き場に出しておき、回収日まで保管する
  • 宅急便等で届く段ボールは、その日のうちに中身を出して段ボールは外のゴミ置き場にて回収日まで保管する
  • 春から秋にかけては、玄関、ベランダ、ビルトインガレージに電池式の虫除け(筆者はアースノーマット180日タイプを使用)を24時間稼働させ、2週間おきに虫除けスプレーを玄関+ベランダに吹き付ける

ここまで書くとお気づきだと思いますが、そうです、私は超がつくほどGが苦手です。ついでに蚊も家に入れたくありません。

電池式の虫除けがGにどれだけ効果があるのかは不明ですが、ゴミと段ボールを家にためないことは役に立っているのでは、と思います。

入居してまだ1年ちょっとしか経っていませんが、今のところ一回もGは見たことがありませんこのまま継続したいです!

②防カビ対策

続いて防カビ対策です。前の住居が築16年の中古マンションだったこともあり、お風呂場やトイレのくたびれ感がずっと気になっていました。日々のメンテナンスは怠りませんが、さすがに16年の蓄積があると、お風呂場の水垢等がこびりついていてプロのクリーニングをもってしても落ちません

旧居のバスルーム(汚くてすみません)

上の写真はプロのクリーニングが入った後の写真です…。

写真からはわかりづらいですが、鏡の水垢とサビ、そして壁のコーキングの黒カビが特に嫌でした。

そこで、ピンタレスト記事の助言に従い、入居前に燻煙タイプの防カビ剤を炊いてみました。

使ったのはルックお風呂の防カビくんです。

以来、2ヶ月の1度の頻度で今も防カビ剤を炊いていますが、今のところカビは発生していません。

新居のお風呂場(入居1年後)

お風呂場については、燻煙材の他に、毎晩のお風呂使用後にスキージーで鏡や壁、バスタブにかかった水しぶきを拭き取っているのですが、これも綺麗が長持ちのポイントだと思います。

スキージーはTidyシリーズのこれを使っています。

Tidyのお風呂周り掃除ツールシリーズは、見た目がオシャレで使い勝手も良く、お薦めです。

筆者はスキージーの他に、バススポンジやブラシもTidyで揃えています。

どれも1年以上使ってますが、まだまだ綺麗に使えてますよ。(*バススポンジのスポンジ部分だけ替えました。)

最後に、お風呂場以外の水回りです。

キッチンやトイレなど水回りエリアには白いゴムのコーキングが使われていますが、そこもカビが発生しやすいので、ピンタレストのアドバイスに従い、マスキングテープでカバーしました。

まずは入居前の綺麗な状態のキッチンです。

このシステムキッチンのコーキング部分が、1年後にはこんなになってしまいました。

そこで、1年前に貼ったマスキングテープを剥がして、ウタマロクリーナーでごしごし汚れを落とします。

最後に再びマスキングテープを貼って元どおり!

ということで、マスキングテープはとても効果的!ということがわかりました。

今後も家のメンテナンス、頑張っていきたいと思います。

そしてピンタレストのノウハウ記事に感謝です!

家のメンテナンスに関するアドバイスがありましたら是非お願いします!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

都内在住共働き世帯の父。趣味は家事、筋トレ、海外旅行。マイホーム住み替えの体験談から派生した「おうちごと」ブログやってます。

目次
閉じる