ハイアット平会員でもポイントで豪華スイートに無料宿泊!ハイアットリージェンシー大阪宿泊記

  • URLをコピーしました!

今年の夏休み家族旅行の1泊目はハイアットリージェンシー大阪でした!

家族で大阪に行くのは今回が初めてです。

もちろんお目当てはユニバーサルスタジオジャパンなのですが、旅の前半はホテルでゆっくり過ごすことにしています。

因みに我が家が良く使うホテルはインターコンチネンタルホテルがあるIHG系列か、マリオットやリッツカールトンがあるマリオットインターナショナル系列です。

それぞれのロイヤルティプログラムにも参加しており、優遇を受けられる会員ステイタスがあります。

一方、ハイアット系は仕事で私が時々使うものの、会員ステイタスは一番下の「メンバー」です。笑

目次

ワールド・オブ・ハイアット

ハイアット系のロイヤルティプログラムは、ワールド・オブ・ハイアットと呼ばれています。

会費は無料で、プログラム参加ホテルの宿泊実績により会員ステイタスが上がっていきます。

ワールド・オブ・ハイアット会員資格一覧

私は過去に香港のグランドハイアットに3泊した年が一番たくさんポイントが貯まったのですが、その時で18,000ポイントがせいぜいでした。

となるとディスカバリストの達成はなかなか容易ではないなと思います。

ハイアットには、IHGのIHGアンバサダーのようにお金を払って上位資格を得るプログラムはありません。

マリオットのマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのようなクレジットカードで上位ステータスを獲得できるプログラムも日本にはありません。

たてうりパパ

上位資格への近道はないのか〜!

というわけで一番下の「メンバー」の私ではありますが、ポイントが2万ポイント強貯まっており、これを使って無料で1泊しようということになりました。

ハイアットリージェンシー大阪の無料宿泊に必要なポイントは?

大阪のハイアット系のホテルはハイアットリージェンシー大阪しかありません。*

*2024年にキャプション by ハイアットが大阪にオープン予定です。

ハイアットリージェンシー大阪は、ワールド・オブ・ハイアットの無料宿泊のホテルカテゴリーが2です

なんと、日本にあるハイアット系列で最下位です!

カテゴリーが下であれば、それだけ少ないポイントで無料宿泊することが可能です。

私の2万ポイントで泊まれるかな、と調べてみたところ…

たった16,000ポイントで2番目に広いディプロマットスイートに1泊できることが判明しました!

夏休みシーズン真っ只中の日取りなのですが、本当かなと何度も見返してしまいました。

このスイートをお金を払って予約しようとすると、たとえば10月の閑散期でも一泊116,000円という立派なお値段

部屋がスイートになるだけでなく、ちゃんとクラブアクセスも付いているとのこと。

これは泊まるしかない!ということで1泊目はハイアットリージェンシー大阪で決定となったのでした。

2泊目以降はまた別のホテルに泊まりましたので、その件はまた別記事でご紹介いたします。

シャトルバスでホテルへ:カテゴリー最下位はきっとアクセスの悪さ

別記事で書いた通り、東京から大阪への移動もマイルやポイントの利用で0円負担でANAで飛びました。

伊丹空港からホテルへの移動は、大阪初体験ということもあり、大阪/梅田経由で向かうことにしました。

伊丹空港からモノレールと宝塚本線を乗り継ぎ、梅田駅で下車します。

ハイアットのホームページによれば、大阪駅からホテルまでシャトルバスが走っているとのことです。

阪急の梅田駅とJR大阪駅はつながっているのですが、これが大阪初心者には偉く難しいのです…。

ホテルのシャトルバス乗り場への地図はホームページにも出ていますが、正直役に立ちません。

たてうりパパ

大阪駅にあるエキマルシェ(EKI MARCHE)という飲食店街をまず探しましょう。

エキマルシェの入口の下の画像の所まで辿り着いたら、画像の矢印に従って横断歩道手前を右に曲がります。

すると、右手のタイル張りの壁に各ホテルのシャトルバス時刻表が埋め込まれていますので、ハイアットの時刻表を探します。

たてうりママ

バス停マークみたいなものは無いので注意してください!

ハイアットのシャトルバスの時刻表の前がバス乗車位置になります。

我々が行った日は平日だったので、1時間に一本しかバスが出ておらず、40分ほどエキマルシェのスタバでお茶をして待ちました。

バスの出発時刻になり乗車位置に向かうと、先ほどまで誰もいなかったのに10名ほどの列が出来ていました。

シャトルバスは小さなマイクロバスのような車両で、我が家が乗ったらほぼ満席でした。

たてうりママ

シャトルバスは早めに列に並んだ方が良いと思います!

大阪駅からホテルまで乗車時間は約25分です。

たてうりパパ

大阪/梅田からのアクセスの悪さがホテルカテゴリー最下位の理由なのかな、と思います。

ディプロマット スイート:ここから評価は上がりっぱなし

さていよいよホテルに到着しました!

建物の佇まいやロビーの作りからは、とてもホテルカテゴリー国内最下位に見えません…。

むしろとっても広々としていて高級感も漂っています。

ここからは評価が上がる一方ですので覚悟してお読みください!笑

チェックインして案内されたのは26階にあるディプロマットスイートです。

ハイアットリージェンシー大阪で2番目に広い120平米もあるお部屋です!

ドアを開けてみると、左手には広大なスペースのリビングエリアが。

右手にはパウダールームにベッドルーム、我が家の寝室くらいある(笑)ストレージルームがあります!

正直こんなに広くても使い道はほとんどないなと思いつつ、広さは正義でとにかく気持ちがいい!

また一面に窓がついているために、26階という高層から眺めるパノラマビューが壮観です。

そしてこのお部屋、スイートですのでクラブアクセスもしっかり付いてきます

クラブ特典はチェックイン時に渡されるレターに以下のように書いてありました。

荷物を解いたら小腹が空いたので、早速クラブに行って軽食をつまむことにします。

クラブラウンジ

28階にリージェンシークラブラウンジがあります。

ハイアットリージェンシーは「パークハイアット」、「グランドハイアット」、「ハイアットリージェンシー」と3つあるハイアットブランドの中では最もお手頃なファミリー旅行にも向いているホテルです。

そのハイアットリージェンシーのラウンジですので、ものすごく豪華な食事や飲み物が出るとはもちろん思っていません。

ところがここでも予想を上回る充実ぶりでした。

アフタヌーンリフレッシュメントはちょっとしたお菓子がある程度でしたが、本領発揮はやはり午後5時半からのカクテルタイムです。

チーズやスティック野菜等の定番オードブルはもちろんですが、カレー(!)などお腹にたまるホットミールもしっかり用意されていました

飲み物もスパークリングワイン、赤白ワインが置いてあり、我が家もフリーフロー状態でぐいぐい頂きました。笑

午後7時半になると、食事は片付けられてしまいますが、今度はチョコレートとブランデーが出てきます。

普段そんなもの飲まないのですが、しっかりブランデーも頂きました。

夏休みということもあり、ラウンジには我が家の他にも子連れの家族がチラホラいらっしゃいました。

ラウンジがかなり広いためか、あまり子供の声も気にならず、肩身の狭い思いもあまりせずにリラックス出来たことも良かったと思います。

結局、ラウンジでお腹がいっぱいになったので、レストランに移動してきちんとご飯を食べる必要もなく、経済的にもとても財布に優しいホテルだと思います。

フィットネスジム

さて、お腹が一杯になったところで家族は早々にシャワーを浴びてベッドに向かいました。

ここからが私のフリータイム!

早速お目当てのホテルのジムに向かいます!

ジムはホテルの4階のCITY COUNTRY CLUBというスパエリアにあります。

宿泊客ならジムは無料で使うことが出来ます。

夜の9時ごろに行ったためか、ジムエリアは他に誰もおらず、この広いスペースは私が独り占めできました!

日本にあるホテルのジムでこの充実ぶりはトップクラスと思います。

ランニングや筋トレ用のマシンは勿論のこと、フリーウェイトのバーベルやダンベル、ラック等も充実!

そしてとにかく広い!

このジムを無料で使えたというだけでも大いにメリットがありました。

ひと汗かいて部屋に戻ると、シャワーを浴びて先にぐーすか寝ている家族と一緒に就寝したのでした。

朝食@ザ・カフェ

クラブ客の朝食はラウンジではなく、1階にあるザ・カフェのブッフェをいただけます。

ザ・カフェも広々としたスペースでとても気持ちが良いです。

フードセレクションは卵料理のスタンドからオードブルやサラダスタンドまで、一通り揃っています。

ただ朝食のセレクションはスタンダードと言いますか、ラグジュアリー系ホテルのブッフェと比べるとやや品揃えが地味ではありました。

と言いながら、下の通りにたっぷり私のホテル朝食の定番メニューをいただきます。

締めのパンケーキでお腹がパンパンになりました。笑

充実の屋外プール!

朝食後、いよいよホテル滞在のクライマックスを迎えることになります。

ハイアットリージェンシー大阪には屋上ガーデンプールがあるのですが、

クラブ宿泊客は、朝8時から9時までの間、クラブ客限定でガーデンプールに入ることができるのです。

ガーデンプールはホテルの9階の屋上部分にあります。

私たちの部屋の窓からも見下ろすことができ、混雑具合をチェック可能です。

朝8時にプールに行ったところ、我が家は一番乗り!

10時過ぎくらいまで他の人はほとんど来ませんでした!

都内でこの手の屋外プールに入ろうとすると、宿泊料金とは別料金を取られたりするものですが、ハイアットリージェンシー大阪では宿泊客は無料で入れます!

但し、夏休みのピーク時期は予約制ですのでご注意ください。(*クラブ客は朝8時〜9時のみ予約なしで入れます。)

プールには大人も乗れる大きなフロートがいくつも用意されており、これらも無料で使うことが可能です。

子供も大人もテンション急上昇で2時間以上もたっぷりプールを満喫したのでした。

まとめ:ハイアットリージェンシー大阪にまた来たい!

というわけで、ポイントで無料宿泊したハイアットリージェンシー大阪ですが、

  • 無料宿泊なのに広大なディプロマスイートに泊まれ、
  • さらにクラブラウンジや屋外ガーデンプールも追加料金なしで堪能できた
  • 夜と朝も食事はラウンジで済ませたのでお会計は0円!

ということで、ぜひまた来たいホテルだなと思いました。

皆さまにも強くお勧めいたします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内在住共働き世帯の父。趣味は家事、筋トレ、海外旅行。マイホーム住み替えの体験談から派生した「おうちごと」ブログやってます。

目次
閉じる