ANA SFC VISAカードとSPGアメックスカードの競演! クリスマスのハイシーズンにプーケット旅行 日本-タイの飛行機代、JWマリオット プーケットの部屋代がタダ!

新型コロナウイルスが猛威をふるう直前の2019年12月のクリスマスに、タイのプーケット島に家族旅行に行きました。

もちろんANAスーパーフライヤーズ VISA カードで貯めたポイントとマイルをSKYコインに換えて、日本からタイまでの航空券代はタダ!

加えて妻が持っているSPG(スターウッド プリファード ゲスト)アメリカン エクスプレス カードで貯めたポイントで、現地ホテルの3泊の部屋代まで無料になりました!

ではどうやって無料にできたのか、解説していきたいと思います。

目次

航空券の手配

まず旅の目的地はタイのプーケット島です。

東京からプーケットに行くには、どこかで乗り継いでプーケット島に行く必要があります。

今回はもっともスタンダードな、タイの首都バンコク経由で便を見繕ってみました。

夏の旅行と違って年末はそれほど長く休めないため、3泊4日のクイック旅行です。

まずは東京-バンコク間のフライトをいつものANAホームページで調べたところ、下記組み合わせが効率良さそうです。

大人2人、子供1人で257,500円でした。

これに合わせるバンコク-プーケット間のフライトは、バンコクエアーで調べます。すると、下記フライトが良さそうです。

12/25 8:05am バンコクスワンナプーム国際空港発 PG#271便9:35am プーケット到着
12/28 10:25am プーケット空港発 PG#272便11:55am バンコク スワンナプーム国際空港着

バンコクエアーの航空券は3人で68,162円でした。

もうこの航空券だけで合計325,662円もします!

そこで、ANA SFC VISAゴールドカードで貯めたマイルとポイントを285,000SKYコインに換算

ANA便は3人全員分のチケットがSKYコインだけで買えました!実質負担ゼロです♪

SKYコインで航空券を買うメリット: マイルを使った無料特典と違い、ハイシーズンでも航空券が取りやすいです。また、普通に購入する航空券と変わらずにマイル、プラチナポイントが貯まります

バンコクエアーのチケットは、別途バンコクエアーのオフィシャルサイトから購入しました。

なお、このように別切りで乗り継ぎ便を手配した場合、バンコク空港一度入国手続きをする必要があります

日本の空港で預けたスーツケースはバンコク空港で受け取り、乗り継ぎ便のチェックインカウンターまで自分で運ばないといけません。

乗り継ぎの時間を3時間は確保しておかないと、乗り継ぎ便を逃してしまうリスクもあるので注意しましょう。

今回の組み合わせの場合、ANA便がバンコク空港に到着するのは午前5時15分で、プーケットに向かうバンコクエアー便がバンコクを出発するのが午前8時5分ですので、ほぼ3時間あります。

これなら仮にバンコクの到着が遅れても、なんとかなる時間だと思います。

JWマリオット プーケット スパ&リゾートの予約

さて、飛行機を押さえたらホテルの予約です!

我が家はインターコンチネンタルに泊まることが多いのですが、今回のお目当ては

JWマリオット プーケット スパ&リゾート

です!

JWマリオットはマリオットが名前につくホテルの中でも最高級のランクに位置するホテルです。

マリオットを運営するマリオット インターナショナルは、シェラトンやセントレジスなどが属するスターウッド ホテル&リゾートと、超高級ホテルでお馴染みのザ リッツ カールトンなども運営しています。

今回は妻がメインカードとして使っているSPG AMEXカード(スター プリファード ゲスト アメリカン エクスプレス カード)のポイントで、このJWマリオット プーケットの部屋を無料で予約します。

JW マリオット プーケット ホテルロビー

SPG AMEXカードは、年会費34,100円のクレジットカードなのですが、一般カードとしては高い年会費を払う代わりに、このマリオットグループの上位会員(マリオットボンヴォイ ゴールドエリート)の会員資格を得ることができます

また、カードを更新すると毎年無料宿泊特典がもらえるという旅好きには嬉しい特典もあります。

ポイントでJWマリオットに泊まろうとすると、ハイシーズンは1泊60,000ポイントが必要*です。

*マリオットグループのロイヤルティプログラム、マリオットボンヴォイでは、無料宿泊するために必要なポイント数がホテルのカテゴリーごとに設定されています。JWマリオットはカテゴリー6で、必要なポイントが60,000ポイントです。

今回は3泊したいので、180,000ポイントが必要となります。

幸い、前年にランカウイ島のリッツカールトンに行ったりして貯めたポイントがあったため、ボンヴォイポイントだけでJWマリオット プーケットを3泊分予約することができました!

マリオット予約画面

ポイントで予約できる部屋は一番スタンダードなお部屋で、今回は上の画像の通りデラックス テラスというお部屋です。

SPG AMEXを持っていると、マリオット ゴールドエリートのステータスになり、様々な特典を受けることができるのですが、今回はポイントでの予約だったからか、特に部屋のアップグレードはありませんでした。

デラックス テラス キング ルーム

上の画像の部屋に泊まったのですが、インターコンチネンタルやリッツカールトンのように、部屋に入った瞬間「うわー」っと歓声があがるレベルではありません。笑

少々くたびれたお部屋ではありますが、ファミリーユースには十分の広さがあり、またちょっとしたテラスがついているので濡れた水着を乾かせて便利でした。

なお、無料宿泊特典は素泊まりですので、朝食は自腹となります。

朝食料金は大人1名で1食1,000.45バーツとのことで、日本円にして約3,500円(*予約当時のレートです。)

当時5歳だったうちの子供の分は無料とのことでした。

切り詰めようと思えば、朝食を外のレストランで食べたりできますが、海外旅行の醍醐味の一つがホテルの朝食ブッフェです!

ここは大人2名X3日分を現地で支払いました。

旅の手配のまとめ

というわけで、私のANA SFC VISAゴールドカードと妻のSPG AMEXカードの力を合わせ、クリスマスまっただ中のプーケット旅行が以下の通りにとっても安くなりました。

  • 飛行機代は日本-バンコクの往復ANA便が無料!(SKYコインで全額支払いました。)
  • JWマリオット プーケット3泊の素泊まり宿泊料金が無料!(ボンヴォイポイントの無料宿泊特典を使いました。)

自腹となったバンコク-プーケットのバンコクエアー往復便は68,162円かかりました。

上記以外は現地で支払ったGrab(タクシー)代や食事代のみ。

とってもお安く海外旅行ができました。

JWマリオット プーケット スパ&リゾートはあり?

なお、プーケット島は独身時代にサーフィンをしに来たことがありましたが、家族で来てもとっても楽しい島でした。

今回泊まったJWマリオット プーケットの最大の魅力はスライダー付きのファミリープール

5歳の子供にはちょうどよい大きさで、毎日何度も何度も遊んでいました。

また目の前に広がるビーチも気持ちが良く大きな木にぶらさがるブランコに揺られながら眺める夕日も最高でした!

以上、皆さんの旅の参考になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

都内在住共働き世帯の父。趣味は家事、筋トレ、海外旅行。マイホーム住み替えの体験談から派生した「おうちごと」ブログやってます。

目次
閉じる